SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドバタイジングドットコム、日経BPとリッチメディア広告「Pictela」の新フォーマットを共同開発

 アドバタイジングドットコム・ジャパンは、同社が提供するリッチメディア広告プラットフォーム「Pictela(ピクテラ)」のブランド広告主向けプレミアムフォーマット「Devil Format」を日経ビジネスオンラインと共同開発(日経ビジネスオンライン「エキスパンド・イメージギャラリー」)。12月15日より運用を開始した。同フォーマットでは企業のブランドメッセージや、商品の魅力をストーリー性をより強く訴求することが可能となり、ユーザーとのコミュニケーション促進に繋げることが期待できる。

 「Pictela」は、複数の動画や静止画像、Facebook/Twitterフィードの表示を組み合わせ、リッチメディア広告を簡易に制作/配信することが可能な広告プラットフォーム。「Devil Format」は、AOLが提唱するブランド広告主向けの大型サイズ(300×1050ピクセル)のプレミアムフォーマット。米国インターネット広告業界団体のIAB(Interactive Advertising Bureau)が開発・標準化を進めている次世代アドフォーマット「Rising Stars」の一つにも選定されている。米国では、Huffington PostやTechCrunchをはじめとしたAOLが運営する媒体群に加え、新聞社やポータル、など100以上の大手媒体社が同フォーマットを採用している。なお、Devil Format内には、動画・静止画・SNSフィードバックの3パターンを組み合わせることが可能。

【関連記事】
アドバタイジングドットコム、プレミアム広告フォーマット「ピクテラ」のプラットフォーム提供開始
AOL PlatformsグローバルCEOボブ・ロード氏、2015年広告業界における5つの進化を予測
「現状では100%ビューアビリティ実現は無理」、IABが発表した広告業界が厳守するべき7つの原則
IABがデジタルビデオ専門の研究機関を設立、Huluの広告販売担当SVPが理事長に
IAB、広告詐欺を防止するためのガイドラインを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/26 09:00 https://markezine.jp/article/detail/21688

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング