MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コロプラが「白猫プロジェクト」のVR版を公開、Oculus Rift専用コントローラーアプリも開発

2015/01/09 15:00

 コロプラが提供を開始した「白猫VRプロジェクト」は、スマートフォン向けゲームアプリ「白猫プロジェクト」をバーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」に対応させたもの。ゲームプレイ中の全てのシーンを360度視点に対応しており、バトルをバーチャルリアリティの世界で楽しむことができる。

 さらに同社は、スマートデバイス向けにOculus Riftタイトル専用コントローラーアプリ「colopad」を独自開発した。同アプリを使用することで、手持ちのスマートフォンやタブレットをゲームパッドとして使用可能。移動や攻撃、必殺技等のアクションを指一本で操作できるようになる。なお「colopad」はAndroid版が先行で提供され、iOS版は近日中に提供が開始する予定。

【関連記事】
「2015年はヒト/モノ/データの関係転換期」スパイスボックスがテクノロジートレンドを予測
IoT広告市場、2020年には約5倍に成長/生活者関連データは約45倍に【国内IoT広告市場調査】
ヤフー、IoT事業者向け開発支援プラットフォームサービス提供へ
「ドワンゴ人工知能研究所」発足、ディープラーニング技術などを研究
Amazon、ドローンを使った無人配送サービス「Prime Air」を2015年に実現か、技術者募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5