SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フリマアプリ利用経験者は約3割/利用経験者の半数は出品・購入の経験あり【MMD研究所調査】

 MMD研究所は、スマートフォンを所有する15歳以上の男女を対象に「フリマアプリに関する調査」を実施した。

フリマアプリ利用経験者は約3割という結果に

 15歳以上の男女(N=16,927)を対象に、フリーマーケット(以下、フリマ)アプリの利用について調査したところ、「現在利用している」が17.7%となった。「過去に利用したことがある」は13.4%となり、合わせて31.1%の人がフリマアプリの利用経験があることがわかった。

 続いて、フリマアプリ利用経験者(N=5,268)を対象に利用状況を聞いたところ、「閲覧のみ」という回答が最も多く52.1%だった。「購入したことがある」が18.8%、「出品・購入の両方をしたことがある」が16.9%、「出品したことがある」が12.2%となり、合わせて47.9%の人が出品または購入の経験があることが明らかになった。

フリマアプリで出品したいものは男女で異なる

 フリマアプリ非利用者(N=11,659)を対象に、フリマアプリを利用したいかという質問をしたところ、全体では「利用したい(3.5%)」「やや利用したい(14.1%)」となり、合計で17.6%の人が利用したいと回答した。

 これを男女別で見てみると、男性が「利用したい(3.1%)」「やや利用したい(12.0%)」と合わせて15.1%、女性は「利用したい(3.9%)」「やや利用したい(16.6%)」と合わせて20.5%となり、女性ほうが利用意向が高い傾向にあるようだ。

 続いて、フリマアプリ利用意向者(N=2,049)を対象に、フリマアプリで出品するなら何を出品しますか?という質問をしたところ、男性(N=944)では「メンズファッション」が37.4%、「エンタメ・ホビー」が29.7%、「家電」が28.7%の順となった。一方で女性(N=1,105)では、「レディースファッション」が67.6%、「インテリア・雑貨」が34.9%、「マタニティ・ベビー・キッズ」が20.9%という順になり、ファッション以外では出品したい項目は男女異なる結果となった。

【調査概要】
調査期間:2015年1月9~10日
有効回答:16,927人
調査方法:インターネット調査
調査対象:15歳以上の男女

【関連記事】
楽天、フリマアプリ「ラクマ」リリースへ~若年層の取り込みを図る
フリマアプリ「メルカリ」、テレビCM効果で600万ダウンロード突破
フリマアプリ「Fril」運営のFablic、クックパッド等3社より総額約10億円の資金調達実施
女性向けフリマアプリ『Fril』、BtoCサービスを開始
フリマアプリの利用率トップ3は「Frill」「メルカリ」「LINE MALL」【ジャストシステム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/21 10:30 https://markezine.jp/article/detail/21778

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング