SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニールセンとインテージ、合弁会社設立へ~クロスプラットフォームでの広告効果測定ソリューションを開発

 インテージと、ニールセンの日本オフィスであるニールセン・カンパニーは、合弁で株式会社インテージ・ニールセン デジタルメトリクス(以下、INDIGIM(インディジム))を設立することで合意した。同社は、複数のメディアプラットフォームにおける、広告効果や視聴動向の測定を実現するソリューション開発を行う。

 同社は第一弾サービスとして、広告効果測定ソリューションである「ニールセン オンラインキャンペーンレイティングス(Online Campaign Ratings:オンライン広告視聴率、以下:OCR)」を日本市場に導入する。あわせて、インテージが保有するi-SSP(インテージ・シングルソースパネル)データを統合することでオンライン広告のリーチを豊富な切り口で分析する新サービスや、オンライン広告の購買行動に対するインパクトやブランドスイッチ動向を分析するサービスなどを提供する予定。

 広告や広告代理店業界では、クロスプラットフォームでの広告効果に対する知見への関心が高まっている。インテージではこの市場環境変化に対応するため、i-SSPを構築。顧客企業に対して、広告投資の決定を助けるメトリクス(測定基準)を提供してきた。

 一方で、ニールセンは消費者の購買行動と視聴行動(「ウォッチ・アンド・バイ(Watch & Buy)」)を把握するために、包括的な消費者インサイトソリューションを提供している。両社のノウハウを統合することで、INDIGIMは消費者のメディア視聴行動と購買行動をさらに明確化するためのソリューション開発を行う。

 【会社概要】
 正式名称:株式会社インテージ・ニールセン デジタルメトリクス
 英語名称:Nielsen-INTAGE DigitalMetrics Inc.
 略称:INDIGIM(インディジム)
 営業開始:2015年4月1日(予定)
 経営陣:代表取締役社長(CEO) 一ノ瀬 裕幸
     代表取締役副社長(COO) 山田 康介

【関連記事】
アドビとニールセンが提携、TVからスマホまで包括的な分析を可能なプラットフォームを来年始動
インテージ、新会社「インテージコンサルティング」設立~グループのコンサルティング事業強化
インテージ、ニールセンと小売店パネル調査の相互販売パートナーシップ契約締結へ
フリークアウトとマクロミルが協業~新たな広告効果測定指標の研究開発へ
popInとマクロミル、ネイティブアドのブランドリフト効果測定サービス開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング