SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界的ソーシャルコミュニティー「Wikia」、デジタルガレージが日本展開を支援

 デジタルガレージは、世界的なソーシャル・コミュニティサイトのホスティングサービス「Wikia」(ウィキア)を運営するWikia社及びその日本法人であるWikia Japanと、日本語版Wikiaサイトに掲載する広告の独占販売代理店契約を締結した。今回、日本語版Wikiaサイトに掲載する広告の独占販売代理店契約を締結したことで、日本でのWikiaを使ったコミュニティ事業展開に同社が協力する体制が整った。

 Wikiaは、Wikipediaの創始者であるJimmy Wales氏が2006年にコンテンツの商業分野でのコラボレーションを促進することを目的に立ち上げたサービス。「ゲーム」「テレビ」「音楽」「映画」「書籍」「ライフスタイル」といったカテゴリごとに、特定のテーマについてファンがコンテンツの追加や更新を通じて交流するソーシャル・コミュニティサイトのホスティングを行っている。現在、全世界では200以上の言語で記述された合計30万件以上のコミュニティ、3,400万のページが開設され、毎月17億PVのアクセスがある。

 同社は今後、Wikia Japanと協力し、これまでソーシャルメディアの運営支援などで培ったローカライゼーションおよび広告販売のノウハウをWikiaサイトに活用することで、日本発の良質なマンガやアニメーションといったコンテンツを世界各国のファンに発信していく。また、日本におけるWikiaの認知度を引き上げ、日本語版Wikiaサイトをコミュニティ・マーケティングのプラットフォームに育てることを目指す。

【関連記事】
いま話題のトピックが分かる「ユーザーローカルWikipediaトレンド」
マルイ、靴の総合コミュニティサイト「シューズLABO+」開設
ジーユーがファンのためのコミュニティ「GU-MANIA」の募集を開始
朝日新聞社とOKWave、コミュニティー・プラットフォーム事業で合弁会社設立
mixi、コミュニティの一部の情報をネット検索の対象に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/29 09:30 https://markezine.jp/article/detail/21829

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング