SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米AdRoll、東京オフィス開設~取締役会長には元Google Japan 代取の有馬氏が就任

 米AdRollは東京オフィスを新設し、3月2日より日本での営業活動を開始することを発表した。東京オフィスは、サンフランシスコ本社、ニューヨーク、ダブリン、シドニー、ロンドンの地域オフィスに次ぐ世界で6番目の拠点。取締役会長には元Google Japanの代表取締役を務めていた有馬誠氏、代表取締役社長には香村竜一郎氏が就任する。

 同社が提供するリターゲティング・プラットフォームは、全世界で2万を超える広告主が採用。顧客データを活用し、プラットフォームやデバイスを問わずに、効果的な広告キャンペーンの実施を支援している。またGoogle、Facebook、Twitter、iAd、および他のウェブサイトなどの広告インベントリソースにわたり、透過性の高いリーチを実現する。

 日本での事業開始にあたり、ソリューションのローカライゼーションを行い、日本の顧客に対して包括的なアカウント管理サービスを提供する体制を整えている。また、サイバーエージェント、オプト、セプテーニをはじめ、13社とセミ・ローンチへの参加契約を締結し、複数のプラットフォームやデバイスにわたり、高度なリターゲティング広告展開を実現する。なお、サイバーエージェントが提供するデータフィードマネジメントサービス「CADataFeed Manager」においては、AdRollプラットフォームとの国内初のデータフィード連携がすでに完了している。

【関連記事】
Facebookに表示できる「今すぐ購入」ボタンなどで最も効果が高いのは?【AdRoll調べ】
20代女性の約3割がリタゲ広告経由で商品購入経験あり
中国最大規模のリタゲ広告DSP「YICHA MediaV DSP」、4月下旬に日本でもサービス開始
Criteoのリタゲ・レコメンデーション広告、国内インターネットユーザーの約9割にリーチ
2015年に注目すべき7つのトレンドとは?Criteo「2015年のEC業界予測」レポート発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/02/26 12:43 https://markezine.jp/article/detail/22016

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング