SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Facebook「プロダクト広告」リリース~商品ラインアップを網羅した訴求を全デバイスで実現

 取り扱い商品数の多い企業では、「より多くの商品を知ってもらうにはどうすればいいのか」「特定の顧客層に対して最適な商品をアピールするにはどうすればいいのか」というマーケティング上の課題に向き合ってきた。

 Facebookが先日リリースした「プロダクト広告」では、複数商品の同時掲載や、商品ラインアップを網羅した訴求を、あらゆるデバイスで実現できるように設計されている。また広告主だけでなく、Facebookユーザーにとっても自分にとって関連度が高い商品と出会える機会が増えるというメリットがある。

 「プロダクト広告」を活用することで、「商品カタログをアップロードして、オーディエンスごとに特定の商品を宣伝する」「Facebookの広告配信システムにまかせて自動的に関連度が高そうな商品を宣伝する(ダイナミックプロダクト広告)」「各広告ユニットで商品を1点だけ紹介する、もしくは複数同時に紹介する(マルチプロダクト広告)」といったことが可能に。また、商品カタログの自動更新機能を利用している場合、在庫切れになった商品は自動的に広告に掲載されなくなる。カスタマイズして活用することで、発見・認知から購入まで、カスタマージャーニーのあらゆるステージに対応することができる。

提供開始時期としては、「マルチプロダクト広告」はAPIとパワーエディタのどちらからでも利用可能。また「ダイナミックプロダクト広告」に関しては、APIへの展開は完了しており、パワーエディタへは2月半ばより順次展開していく予定。(追記:2015年3月11日)

【関連記事】
ココラブル、Facebook広告運用ツール「Datos」開発~3月よりα版サービス提供へ
Facebook、広告マネージャアプリをリリース~日本では3月下旬よりダウンロード開始予定
Facebook、CtoCの売買を可能にする新機能「For Sale Group」開始
コンテンツマーケで活用しているプラットフォームは?断トツトップは約7割で「Facebook」に
Facebook、位置情報に基づいたニュースフィードを行う新機能「Place Tips」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/12 11:17 https://markezine.jp/article/detail/22086

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング