MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AP通信、大学スポーツの記事作成にAutomated Insightsの自動記事生成サービスを活用

2015/03/13 13:00

 AP通信は、NCAA(全米大学体育協会)からデータ提供を受けて、カレッジスポーツについての記事作成を自動化し、これまで報道機関がカバーできなかった試合についても記事を提供する計画を明らかにした。自動化した記事の公開は今年の春から、野球のディヴィジョン1の試合を対象にスタートする。

 記事作成の自動化にあたっては、NCAAが試合データを提供し、Automated Insightsの「Wordsmith」プラットフォームを活用する。Wordsmithはビッグデータを分析してパターンと傾向を見つけ出し、自然言語生成によってパーソナライズされた大量のコンテンツを生成することができる。

 AP通信はすでに、Automated InsightsとZacks Investment Researchと連携して、米国企業の四半期決算レポートの自動化を行っており、四半期ごとに3000以上の記事を生成している。

【関連記事】
フランス国鉄、SASのビッグデータ分析を活用して乗降客の行動分析
「スポーツ」という強力なコンテンツ、米国ではスマホでの利用が急増【ニールセン調査】
録画視聴の割合が高いジャンルは?「スポーツ」「ニュース」はリアルタイム視聴の傾向に【NRI調査】
オールアバウト、ブライトコーブの動画配信ソリューションを採用~動画コンテンツ生成を強化
スクー、サイバーエージェントとインターネット学習コンテンツ共同生成へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5