SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

経済産業省公募のデータ利活用促進支援事業にデータエクスチェンジコンソーシアムのプロジェクトが採択

 デジタルインテリジェンスおよび、データセクションが運営するデータエクスチェンジコンソーシアム有限責任事業組合(以下、データエクスチェンジコンソーシアム)は、経済産業省が公募していた「先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業(データ利活用促進支援事業)」の委託先として採択された。今後、ベンチャー企業におけるデータ利活用のためのプラットフォーム構築を効率的かつ、大規模に実施することで、新規ビジネスモデルの構築支援を行っていく。

 同公募は、ベンチャーによるデータ利活用の環境整備を支援することで、ベンチャーによるデータ駆動型イノベーション創出と日本の産業力強化につなげることを目的に、経済産業省が実施したもの。

 データエクスチェンジコンソーシアムは、100社以上の企業・団体・研究機関が、データ利活用による新規ビジネス創出を共通目的として活動する場を提供することで、多くの企業がデータ同士のマッチングを通してイノベーション創発活動を実施してきた。その取り組みを元に「イノベーションを創発するデータ利活用の環境整備」をテーマに、データ利活用の環境整備及びマッチング支援を図る、「データエクスチェンジプラットフォーム構築事業」を提案。今回の採択となった。

【関連記事】
デジタルインテリジェンス、米国最新事情レポート『DI. MAD MAN Report』発刊
デジタルインテリジェンス、意思決定を支援するマーケティングダッシュボード「ReasyPad」リリース
デジタルインテリジェンス等、「データエクスチェンジ・コンソーシアム」設立
アイリッジ、データセクションと業務提携へ~ソーシャルデータ活用したO2Oソリューション提供
TBSグループ、データセクションと資本・業務提携~テレビとネットの連携強化を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/23 08:00 https://markezine.jp/article/detail/22172

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング