SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マルケト、Googleサービスとの連携開始~パーソナライズしたデジタル広告の提供が可能に

 マルケトは同社提供の「エンゲージメントマーケティングプラットフォーム」とGoogle AdWords、Google アナリティクスとの連携ソリューションを発表した。これにより、マーケターは新規見込客の獲得、販売・商談、ロイヤルカスタマー化まで様々な顧客接点における、より詳細かつ広範な広告のビジネス成果の測定と、エンゲージメント効果の高いデジタルマーケティングプログラムを簡単に構築できるようになる。

 なお同社は、今回発表したソリューションの具体的なメリットとして、次の事柄を挙げてる。

  • 最も関心が高そうな潜在顧客に対して、パーソナライズされた広告を配信する事ができる
  • Google AdWords のビジネスインパクトを売上や利益といったビジネス成果として数値化し、その最大化を図ることができる
  • ビジネスインパクトの大きいキーワードに広告出稿を集中し、費用対効果を高めることができる
  • Marketo のデータを AdWords の自動入札機能と連携することで、最適化された入札のプロセスを自動化できる
  • ナーチャリングのプロセスを通じ、見込み客の行動変化をより詳細に分析し、最適な広告配信を行える

【関連記事】
マイクロソフトのBIツール「Power BI」、マルケトからGitHubまで多様なデータと連携
マルケト、Facebookのカスタムオーディエンス機能を連携させた新ソリューション公開
マルケト、独自エコシステムでサードパーティのソリューション開発を後押し、その数は400を突破
Googleが検索機能をアップデート~Google検索は「質問を理解して、答えを伝える」サービスに
Google、初の実店舗をロンドンにオープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/04/08 09:00 https://markezine.jp/article/detail/22287

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング