SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通イーマーケティングワン、B2B企業のデマンドジェネレーションのレポートを発表

 電通イーマーケティングワンは、2015年3月にB2B企業で見込客の獲得・ 管理・育成に関する業務に従事している担当者500人を対象に「B2B企業のデマンドジェネレーションに関するアンケート調査」を実施し、調査結果を発表。調査の結果、現状のデマンドジェネレーションに関する課題を克服し、「見込客」を「顧客」に変えるためには、次の3つのポイントがあると解説している。

  1. 見込客獲得におけるデジタル施策の強化
  2. 見込客のセグメントや検討ステータスに応じた情報提供の最適化
  3. マーケティング部門と営業部門の密接な連携

 獲得した見込客をどのように営業に渡しているのかについて聞いたところ、『ランク・優先順位を付け、「見込度の高い顧客のみ」提供』をしているとした回答者は全体の18%で、営業に「見込度の高い顧客のみ」に絞って渡しているのは全体の2割にも満たないことが明らかになった。

 また、見込客を精査して「ランク・優先情報を付けている」のは全体の56%で、全体の約3割が獲得した見込客を精査せずそのまますべて営業に渡している。残りの15%は獲得した見込客の情報を営業に渡していないという現状にある。

 次に、獲得した見込客への情報配信に「メールマガジン」を使っていると回答した人を対象に、メルマガをどのようにして配信しているかを聞いたところ、『「セグメント」に分けて配信/状況により全員に配信』と回答した人は全体の53%で、全体の約半数近くが見込客全員に同じメールマガジンを配信している結果になった。

 【調査概要】
 調査目的:B2B企業のデマンドジェネレーションにおける実態を明らかにする。
 調査時期:2015年3月20日~3月24日
 調査方法:Webによるアンケート
 調査対象:B2B企業で見込客の獲得・ 管理・育成に関する業務の担当者
 回答数:500サンプル

【関連記事】
中国はiOS、メキシコはGoogle Playでアプリダウンロードが急上昇【App Annie調査】
電子書籍ストアを選んだキッカケは?トップは「アプリマーケットのランキング」【MMD研究所調査】
「Facebook Messenger」の利用者が急増、約3倍の833万人に【ニールセン調査】
意外に低い?ビッグデータの分析・活用に取り組む企業は3分の1程度【IMJ調査】
ヤフー、生活シーンにおけるメディア利用実態を調査~結果をインフォグラフィックで公開中

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング