SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

空きスペースを活用して期間限定店舗を出店!ブランド・EC事業者向け「SHOPCOUNTER」リリース

 COUNTERWORKSは、5月25日、リテール向けスペースのオンラインマーケットプレイス「SHOPCOUNTER(ショップカウンター)」を本格的にローンチした。今日時点での登録スペースは60を超える。2016年4月までに、利用可能なスペースを東京都内中心に300スペースまで拡大していく予定。

 「SHOPCOUNTER」は、展示や販売、プロモーションなどに最適なスペースをオンラインを通じて検索、問い合わせ、予約、決済まで可能なオンラインマーケットプレイス。またスペースを持っている人は、SHOPCOUNTERへ登録することで、スペースの有効活用が可能に。不動産運用の新たな手段として利用できる。

 昨今、実際に手にとって体験してもらうことが必要なブランド及び小売業者(食品販売含む)では「POPUP SHOP(ポップアップショップ)」という期間限定の手法を通じて、宣伝活動や販売活動を推進する企業が増加している。また2018年には国内20兆円にまで拡大するとも言われるEC市場において、実際に物を見てみたい、触って確かめたいといった消費者ニーズに応えるためにショールームを用意するなど、EC企業のマーケティング戦略の中でも実店舗や展示スペース等のニーズが高まってきている。一方で、国内において利用されていない空き店舗や空きスペース等の遊休資産は今後増加傾向にあることが見込まれている。この課題に対して先のニーズを結びつけることで、双方の課題を解決するべく、同社は「SHOPCOUNTER」のリリースに至った。

【関連記事】
ファッションコーディネートアプリ「CoordiSnap」、コーディネートからECサイトへ送客可能に
ブランディング×ECを実現する「FRACTA NODE」、「Amazonログイン&ペイメント」に対応
三越伊勢丹とDEAN & DELUCAが利用決定、オイシックスのEC実行支援サービス「オイフルMJ」
アマゾン、他ECサイトでもAmazonアカウントでログイン・支払ができるサービスの提供を開始
リピートされるECサイトの特徴とは?ファッションECサイトの訪問者数ランキングを発表!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング