SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ラーメン」が新たな日本食の代名詞に/ジャパンブランド構築の道筋【ジャパンブランド調査2015】

 電通は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業において、2015年4月に20か国・地域で「ジャパンブランド調査2015」を実施した。同調査の目的は、親日度(日本に対する好意度)の地域別状況、日本および日本産品に対する興味関心やイメージの詳細なデータ・知見の収集だ。

日本に対する好意度が最も高い地域は、2年連続で「ベトナム」

 日本に対する好意度が高い地域のトップは、昨年に引き続き「ベトナム」と、昨年5位から順位を上げた「台湾」が同スコアで1位に。日本の好きなところのトップ3(複数回答)は、「伝統文化」「食」「自然」の順となった。また、「最も好きなところ」を一つ選んでもらうと、「技術力」が「自然」を抜いて3位にランクイン。これら以外では、日本人の気質(勤勉さ・親切さ等)やホスピタリティーが上位に。日本に対する好意度が高い「ベトナム」では「日本人の勤勉さ」が、「台湾」では「日本食」がそれぞれ好きなところのトップだった。

日本でやりたいことの第1位は「日本食を食べる」

 日本でやりたいことについて聞いてみると、全体で最も回答が多かった活動内容は「日本食を食べる」こと。次いで順に「自然・景勝地観光」「史跡・歴史的建造物観光」となった。東アジア地域では「温泉入浴」、ASEAN地域では「四季の体感」も人気だった。

 さらに日本で「日本食を食べる」ことに興味がある人限定で「日本食の購入・飲食意向」を見てみると、「寿司」「刺身」「天ぷら」「ラーメン」のスコアが高かった。これらのメニューは知っている・食べたことがある日本食でも上位に挙げられており、みんなが知っていたり、食べたことのある日本食を、本場日本のより本格的・多彩な味で楽しみたいと考える人が多いと推察される。

北海道や沖縄など、高まる地方への訪問意向

 日本の代表的な地名を並べて認知・訪問意向を聞いたところ、認知・訪問意向ともに、全体では「東京」がトップに。特に認知度は高く、約9割(89.5%)の人が「東京」を知っているという結果だった。訪日観光客が多い東アジア地域では、「北海道」や「沖縄」が行きたい場所として東京を上回るケースが目にとまった。体験したい地方のものとしては「自然」「温泉」「郷土料理」のスコアが高いが、東アジアではトップ3の中に「ラーメン」が入る地域が多く、ご当地「ラーメン」への関心の高さがうかがえた。

「日本のファッション」への興味関心が低下か

 興味関心のある日本の物事で最もスコアが高かったのは「日本食」。次いで「旅行」「温泉」。それ以外では、「日本庭園」「日本の四季」「日本の神社・仏閣」「日本の祭り」「日本のリゾート」など観光に関する項目が数多くトップ10入りした。昨年と比較すると、サブカルチャーやコンテンツに関するスコアが総じて10ポイント前後下がったほか、昨年トップ3入りしていた「日本のファッション」がアジアを中心にスコアを落とし、今年はトップ10に入らないという結果になった。

優れていると思う日本の物事、トップは「日本のロボット工学」に

 優れていると思う日本の物事では、技術関連の項目が多数トップ10に入っていた。最もスコアが高かったのは「日本のロボット工学」。「ロボット工学」は興味関心のある物事のトップ10にも入っており(9位)、世界における日本のロボット技術への注目・評価の高まりがうかがえた。優れていると思う日本の物事について昨年と比較すると、日本のサブカルチャーやコンテンツ系のスコアが減少する中、唯一微増となったのは「日本の温泉」。アジアだけでなく欧州でもスコアを上げた国が多かった。

新たなカテゴリーでの「ジャパンブランド」構築の可能性

 製品カテゴリー別に優れた製品をつくっている国を聞いたところ、日本は「自動車、バイクなどの輸送機器」や「TV、オーディオなどのAV機器」、各種の食品系カテゴリーでも高く評価されていることがわかった。他方で、興味のある日本製品カテゴリーを聞くと、「医薬品」「化粧品」「アパレル・ファッション」がトップ3に入るなど、従来の強みとは異なるカテゴリーが上位にきていた。ジャパンブランドを築く新たなカテゴリーとして期待される。

「ラーメン」が新たな日本食の代名詞に

 日本食の認知・経験・意向の全てにおいて、最も高いスコアを獲得したのは「寿司」。8割弱の人が認知し、6割強が食べた経験を持つ、世界的な料理になっていることが再確認された。他に認知・経験で高いのは、日本食の王道である「刺身」と「天ぷら」。次いで「ラーメン」。認知・経験・意向については地域差が見られ、特にASEANの一部地域(インドネシアやフィリピン)では「天ぷら」や「ラーメン」の経験者が「寿司」よりも多いことがわかった。また、"体験したい地方のもの"でも「ラーメン」のスコアは高く、新たな日本食の代名詞として、アジアを中心に世界的に親しまれ始めていることがうかがえる。

【調査概要】
対象エリア:20か国・地域
中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア
調査手法:インターネット調査
対象者条件:20~59歳男女(中間所得層以上)
サンプル数:地域ごとに200ss、計4,000ss
調査期間:2015年4月17~27日

【関連記事】
空きスペースを活用して期間限定店舗を出店!ブランド・EC事業者向け「SHOPCOUNTER」リリース
LINE、デザイナーやブランドとバイヤー・小売をつなぐ「LINE Collection」を今夏開始
BtoC編ブランドランキング、セブン-イレブンが首位に~YouTube、日清食品が追随
UUUMがYouTuberタイアップ動画の効果検証を実施、ブランド好感度が非視聴者より50%高い例も
動画広告の視聴をきっかけに、ブランドに悪い印象を抱いた経験は?【ジャストシステム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング