SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテグレート、中国のSNS解析企業と業務提携~訪日中国人客向け統合型マーケティングサービスを開始

 インテグレートは普千商務諮訊有限公司(以下、普千)と業務提携を行い、2015年7月より「訪日中国人客向け統合型マーケティングサービス」を開始した。インテグレートが強みとする消費者のインサイトに立脚したメッセージ開発力と、普千の強みであるSNS解析による中国人の購買特性の洞察力と情報発信のネットワーク力を掛け合わせ、インバウンド需要喚起のマーケティグサービスを提供し、国内の製薬、化粧品、トイレタリー、家電各社のマーケティング・ニーズに応えていく。

 昨今、インバウンド需要が急激に高まり、渋谷や銀座、秋葉原などでは、訪日中国人客が大量の買物をする姿が目立つ。2020年のオリンピックに向けこの熱はさらに加速することが予想される。しかしながら、インバウンドでの購買行動は特殊で、国内需要とは異なる対応が求められる。中国人客は、短い期間で大量の買い物をするために買うものや場所もあらかじめリスト化して決めており、来日する前に購買商品は決まっているといわれている。そこで本サービスでは、中国人客のカスタマージャーニーを解析して、訪日前からの効果的な機会を捉え購買行動を促す統合型マーケティングを展開する。

普千は、2004年より中国メディア及びソーシャルメディアデータの収集、整理サービスを開始。中国メディアの情報拡散の構造、実態把握、ソーシャルメディア上のネットユーザーの生態、実態、本音、意見等を収集、分析に注力し、マーケティング、PR、コミュニケーション戦略コンサルティングを提供している。

【関連記事】
DACと日本の「食」を中心としたインバウンドメディアYummy Japanが資本業務提携
バリューコマースとマスターカード、インバウンド向けBtoBマーケティング・サービスで協働
マイクロアド・インバウンド・マーケティング、日韓を繋ぐインバウンドソリューションサービス
中国人観光客の7割は訪日前に購入商品を決定/日本“らしさ”より、“日本の方が安い”重視
訪日中国人がよく日本旅行で購入するものは?【訪日中国人の消費行動調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/07/21 10:30 https://markezine.jp/article/detail/22822

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング