SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマートニュース、機械学習及び自然言語処理における技術開発を強化~ニュース閲覧体験の向上を目指す

 スマートニュースは、自然言語処理、レコメンド技術を企業に提供するPreferred Infrastructure(以下、PFI)との間で、将来的な機械学習、及び自然言語処理における技術開発の検討・人材交流の推進を目的とする業務提携契約を締結した。また、同提携に伴い、PFIの取締役副社長である岡野原大輔氏が同社のアドバイザーに就任。技術開発に関する助言・支援を行う。

 また同社は、同日、データサイエンス・マシンラーニングチームに徳永拓之氏が参画したことを発表した。同氏は、ヤフーを経て、PFIにて自然言語処理や機械学習に関する業務に従事した人物。同氏の参画により、機械学習、ディープラーニング、自然言語処理の技術開発の加速が期待される。

 ニュースアプリ「SmartNews」は、機械学習によるニュース記事の選定をコア技術としている。スマートニュースは今回の業務提携および人事を通じ、より優れたニュース閲覧体験の提供を目指す。

【関連記事】
スマートニュース、テクノロジースタートアップのカンファレンスTiEconにて優秀企業50社に選出
スマートニュース、Googleアプリ「Nowカード」に対応~最適なタイミングでニュース表示が可能に
スマートニュース、元Flipboardのクレイグ・モド氏がUIデザイン アドバイザーとして参画
元ハフィントンポスト日本版編集長松浦茂樹氏、スマートニュースのメディア担当ディレクターに就任
テレビCMがきっかけでDLしたライフスタイル系アプリ、トップ3はLINE/スマートニュース/メルカリ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/09/03 08:00 https://markezine.jp/article/detail/23036

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング