SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

6割以上は「3ヶ月以上未使用」なアプリを削除対象に【ジャストシステム調査】

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、全国の15歳から69歳の男女1,100名を対象に、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年9月度)』を実施した。

3人に1人は1つのアプリに機能を集約したいという結果に

 スマートフォンでよく使う機能をひとつのアプリに「集約したい(少しは思うも含む、以下同様)」と思う人は34.4%、 「集約したいとは思わない(あまり思わないも含む)」人は26.3%いた。

スマートフォンアプリの機能集約について

 また「集約したい」人に対して、集約できるとすればどのアプリにするかを聞いたところ、「Yahoo! JAPAN」(27.1%)が最も多く、 次いで「LINE」(19.7%)、「楽天市場」(14.0%)、「Amazonショッピング」(13.1%)、「Google」(12.7%)という結果になった。

約4割は定期的に使わないアプリを削除する

 インストールしたアプリを削除する状況として最も多かった回答は「定期的に使わなくなったアプリはアンインストールしているから」(39.8%)、次いで「実際に操作してみたときに操作しにくかったとき」(39.7%)という結果になった。

 また「住所などの個人情報の登録を求められたとき」(27.4%)、「起動に時間がかかったとき」(22.1%)、 「プッシュ通知が頻繁に届いたとき」(20.6%)、「ソーシャルログインを求められたとき」(20.5%)などもアンストールする動機になっている。

アプリをアンインストールする瞬間※複数回答有

6割以上が3ヶ月以上未使用なアプリを削除対象に

 スマホアプリはどのくらいの期間、 使っていなければ削除対象とするのかを聞いたところ、 26.8%の人が「1ヶ月以上」と答え、 「3ヶ月以上」使っていないアプリがあれば削除対象に加える人は63.8%にものぼった。

削除対象アプリの未使用期間

【関連記事】
あのソフマップのイベントも!アイドル情報に特化したニュースアプリ「アイドルGoGo」リリース
盛り上がりを見せる動画ストリーミングアプリ、米・中・英で人気のアプリとは?【App Annie調査】
GMO TECH、O2Oアプリ作成サービス「GMO AppCapsule」にユーザー情報分析機能追加
カイト、休眠ユーザーにアプリの再起動を促す リコネクト広告の提供を開始
電通、企業アプリのDL数最大化するツール「App Buildbox」開発~顧客接点の拡大を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/10/06 12:00 https://markezine.jp/article/detail/23191

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング