MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通と日本オラクル、企業のデータをマーケティング分野への統合活用につなげるプログラムを構築

2015/11/11 15:40

 電通と日本オラクルは、企業の基幹システムに蓄積された顧客情報などのデータをマーケティング分野への統合活用につなげる「デジタル・トランスフォーメーション支援プログラム」を構築し、提供を開始した。

「デジタル・トランスフォーメーション支援プログラム」イメージ図
「デジタル・トランスフォーメーション支援プログラム」イメージ図

 システム、業務、組織などを横断しマーケティング領域全般をデジタル化することで、また、プログラムの実施に先立ち、自社のマーケティング業務のデジタル化環境を客観的に診断する「デジタル・トランスフォーメーション度数診断ツール」の提供も行う。

 今回構築したプログラムは、最適な顧客体験を実現するためのシナリオを基に、チャネル(顧客接点)、システム、データ、業務の各レベルでプロセスを整理し直し、全ての要素を効果的にデジタル化して連携する設計を支援するもの。同取り組みは日本オラクル、電通、および電通イーマーケティングワンの協業により実現した。

【関連記事】
セブン&アイHD、IT基盤をオラクル製品で構築~ECサイト統合などオムニチャネル化推進の一環
博報堂アイ・スタジオ、 「統合デジタルマーケティングセンター」を新設
電通、消費者行動のシングルソースデータベース構築~
サッポロビール、Web会員のロイヤリティ向上を目指し、オラクルのMAでデジマを強化
オラクル、オムニバスのDMPと連携し「BlueKai」で200カテゴリのサードパーティデータを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5