SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通と日本オラクル、企業のデータをマーケティング分野への統合活用につなげるプログラムを構築

 電通と日本オラクルは、企業の基幹システムに蓄積された顧客情報などのデータをマーケティング分野への統合活用につなげる「デジタル・トランスフォーメーション支援プログラム」を構築し、提供を開始した。

「デジタル・トランスフォーメーション支援プログラム」イメージ図
「デジタル・トランスフォーメーション支援プログラム」イメージ図

 システム、業務、組織などを横断しマーケティング領域全般をデジタル化することで、また、プログラムの実施に先立ち、自社のマーケティング業務のデジタル化環境を客観的に診断する「デジタル・トランスフォーメーション度数診断ツール」の提供も行う。

 今回構築したプログラムは、最適な顧客体験を実現するためのシナリオを基に、チャネル(顧客接点)、システム、データ、業務の各レベルでプロセスを整理し直し、全ての要素を効果的にデジタル化して連携する設計を支援するもの。同取り組みは日本オラクル、電通、および電通イーマーケティングワンの協業により実現した。

【関連記事】
セブン&アイHD、IT基盤をオラクル製品で構築~ECサイト統合などオムニチャネル化推進の一環
博報堂アイ・スタジオ、 「統合デジタルマーケティングセンター」を新設
電通、消費者行動のシングルソースデータベース構築~
サッポロビール、Web会員のロイヤリティ向上を目指し、オラクルのMAでデジマを強化
オラクル、オムニバスのDMPと連携し「BlueKai」で200カテゴリのサードパーティデータを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング