SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、慶応義塾大学と動画広告領域の共同研究を開始~第一弾はTVCM非接触層の生活実態調査

 サイバーエージェントが運営する、動画広告に特化した調査機関であるオンラインビデオ総研は、動画広告領域において慶応義塾大学と共同研究を開始した。同研究では、テレビCMに接触しない層を「ローテレ(=Low TVCM Reach Group)」、テレビCMに多く接触する層を「ハイテレ=(High TVCM Reach Group)」と定義し、その接触頻度により全6グループに分類。そして、今回研究の第一弾として特にローテレの生活実態を探っていく。

 またサイバーエージェントでは6グループの分類を行うにあたり、全国約2万人を対象とした調査を実施。そのデータをもとに、各グループにおけるWebメディア接触状況や生活実態を比較調査し、6つのグループをさらに細分化したライフスタイルモデルに分類していく。同研究の成果は2016年1月に発表される予定。

【関連記事】
CA、ダイナミックリターゲティング動画広告「LODEO DYNAMIC」の提供を開始
CA、天候・時事ニュースなど環境要因に連動して動画広告を配信する「モーメント配信」を開始
CA、ダイナミックリターゲティング動画広告「LODEO DYNAMIC」の提供を開始
Jストリーム、動画広告ソリューションを提供開始~自社の動画コンテンツで収益化する環境を提供
3ステップでオリジナル動画広告ができる~大量・高頻度な動画制作に最適な「FastVideo」ローンチ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング