SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スタートトゥデイ、フリマアプリ「ZOZOフリマ」リリース~既存サービスと連携した出品が可能に

 スタートトゥデイは12月15日、ファッションフリマアプリ「ZOZOフリマ(ゾゾフリマ)」をリリースした。同アプリでは、ユーザーが出品したアイテムは「ZOZOフリマ」内だけでなくZOZOTOWNにも「フリマ商品」として掲載できる。また、ZOZOTOWNおよびコーディネートアプリ「WEAR」の商品情報・画像を使用して出品できるため、商品撮影や商品情報の詳細を入力する必要なく簡単に出品することが可能だ。

 さらに両サービスとID連携することで、ZOZOTOWNの購入履歴や、手持ちのアイテムを保存できるWEARの機能「クローゼット」から売りたいアイテムを選択して出品できるといった機能も搭載している。同時に、CtoCサービスで懸念される個人情報や決済は、ユーザー同士ではなく同社を介して行われるため、安全に取引できる。

 同社では、昨今の中古アパレル市場の拡大、そして同社の二次流通事業として展開するブランド古着セレクトショップ「ZOZOUSED」および買取サービスが好評なことから、今回のリリースに至った。今後同社では、同アプリの提供により、さらなる二次流通事業の強化とZOZOTOWNにおけるアイテムラインナップの拡充およびユーザー層の拡大を目指す。

【関連記事】
Fablic×ヤマト運輸、フリマアプリ「フリル」で補償サービス付きの配送サービスを9月より開始
フリマアプリ「メルカリ」2,000万DL突破、インフォグラフィック「数字で見るメルカリ」を公開
カカクコム、フリマアプリ「フリマノ」リリース~「価格.com」の商品データベースと連携
スタートトゥデイとLINE、ファッション領域におけるビーコン事業で提携~2016年春サービス提供へ
スタートトゥデイ、「LINE ビジネスコネクト」を活用したゾゾタウンの公式アカウント開設へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/12/16 09:00 https://markezine.jp/article/detail/23613

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング