SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE社、アプリ世界収益ランキング1位に/2015年は配車アプリなど躍進【App Annie調査】

 App Annie(アップアニー)は、昨年1年間の世界のアプリ市場動向を総括した『2015年アプリ市場総括レポート』を発表した。

2015年はタクシー配車やストリーミングの年だった

 同レポートでは2015年の注目のカテゴリやマネタイズ戦略として、次の事柄があがっている。

  1. 相乗りアプリとタクシー配車アプリ:中国、メキシコ、ブラジルで利用が急増
  2. マッチング系アプリのマネタイズ:Tinderのサブスクリプションモデルが成功
  3. 動画ストリーミング:YouTubeをはじめとする大手参入による競争激化
  4. 音楽ストリーミング:グローバル企業とローカル企業がともに収益を拡大
  5. モバイルコマース:市場ごとに大きく異なる販売チャネル

 プラットフォームでは、Google Playがダウンロード数、iOSが収益でリードする構造は以前と変わらないものの、iOSの国別ダウンロード数で中国が首位に立ったこと、米国のダウンロード数シェアでGoogle PlayがiOSを上回ったことなど、地域ごとに大きな変化も見られた。

日本のトップパブリッシャーはLINE、ヤフー、mixi

 ゲームを除くパブリッシャーの世界収益ランキングでは、LINE社が首位を獲得。同社のコミュニケーションアプリ「LINE」は、アプリの世界収益ランキングでは2位に、世界ダウンロード数ランキングでは9位に入っている。

 日本のトップパブリッシャーは、ゲームを除くダウンロード数でYahoo Japan社、ゲームのダウンロード数とゲーム以外の収益でLINE社、ゲームの収益でMixi社と位置付けられている。その他にパブリッシャーランキングでは、GungHo Online社、BANDAI NAMCO社、Cocone社、SQUARE ENIX社、Sega Sammy Holdings社が上位にランクインした。

【関連記事】
2015年、マーケターのキーワードは「ビッグデータ」/今後は「IoT」も【ジャストシステム調査】
2015年スマホアプリ利用者数1位は「LINE」/「メルカリ」利用者は3倍に【ニールセン調査】
日米英で小売りアプリのDL数増加傾向/日本ではアパレル系が好調【App Annie調査】
LINE MUSIC、世界の音楽ストリーミングアプリダウンロード数で5位【App Annie調査】
盛り上がりを見せる動画ストリーミングアプリ、米・中・英で人気のアプリとは?【App Annie調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング