SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルガレージ、ココカラファインと協業でインバウンド消費促すサービス展開

 デジタルガレージは、全国にドラッグストアを展開するココカラファインヘルスケアと協業し、中国からのインバウンド消費促進施策を展開する。今回の施策では、デジタルガレージが新たに開発した、小売店の店頭で行うプロモーションサービスのプラットフォームを利用する。

 同プラットフォームは、訪日中国人に対して店内MAPと情報提供の仕組みが記載されたチラシを配布し、QRコードが設置された対象商品の棚に誘導。顧客がスマートフォンでQRコードを読み込むと、商品についての詳細な説明ページが立ち上がり、商品訴求を行う。この一連の情報は全て中国語にて提供している。

 同社が独自に調査を行ったところ、訪日中国人が店頭で実際に商品を見てから購入を決めるという消費スタイルが多いことがわかった。そのため、今回店頭での認知から購入、併売を促すプロモーション構造を採用している。

 また、同サービスは、ココカラファインヘルスケアが運営する一部店舗でテスト導入されており、一部商品では情報ページの閲覧数と販売数が同数になるなど、施策と販売に高い相関性を見出すことができた。このため、今回のサービス展開に至った。

【関連記事】
オプトとテレビ神奈川、共同でインバウンド向け動画配信事業を開始 クーポン配布やECも可能に
ミクシィ・リサーチ等3社、インバウンド対応の改善・品質向上に対する解決策を提供
『百度』の検索ランキング活用したサービス提供~オプトHD、ソウルドアウト、バイドゥが業務提携
タグピク、海外インスタグラマーを起用したマーケティングプログラムを開始
ホットリンクとDLE、インバウンド市場に向けたキャラクター・ソリューション事業を展開へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/23 09:00 https://markezine.jp/article/detail/24139

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング