SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMPとDAC、購買アクチュアルデータ活用した高精度広告配信ソリューション提供

 博報堂DYメディアパートナーズと、DACは、大規模な購買アクチュアルデータ(※)を活用した高精度広告配信ソリューション「POS-ADTM」の提供を開始した。

 同ソリューションは、様々な大規模購買アクチュアルデータと、博報堂DYグループが保有するWEB閲覧履歴データ等の全く異なるデータソースを、独自に開発した「k-統計化&データフュージョン技術」によって統計的に結合。活用できるデータ量を大幅に拡大したもの。生活者の購買行動全体を総合的に把握した上で高精度なターゲティングを行い、広告配信をすることが可能となる。

 リリースに先駆けて複数回実施した実証実験では、コントロール群(デモグラフィックターゲティング)と比較して、コンバージョン・購買効果では最大約19.5倍、新商品のブランド理解度や購入意向度アップ効果では最大約2.5倍の結果を記録するなど高い広告効果をあげることに成功している。

※購買アクチュアルデータ:ID付POSデータやレシートデータ等の店舗での商品・サービス販売時に記録されるデータ

【関連記事】
博報堂、店舗内の買物行動データ測定を強化 「ショッパーズ・カスケードモデル」を構築開始
博報堂DYグループ、アクチュアルデータ起点のオウンドメディアコンテンツ開発ソリューション提供
CCCマーケティングと博報堂DYMP、CCCの購買データ×メディア接触データ活用したサービス提供へ
インテージ、「i-SSP」でタブレット端末のデータ収集開始
博報堂DYグループ4社、 ECサイト上での購買行動を軸にしたシステムを開発・実証実験スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/11 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24253

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング