SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、大阪大学大学院医学系研究科などと健康・医療分野における産学連携で合意

 電通は、大阪大学大学院医学系研究科および同医学部附属病院と、「研究・事業化連携の推進に関する協定書」を締結することで合意した。協定書に則り、次の内容で連携してゆく。

  1. ビッグデータ・IoTヘルスケア領域の研究成果の事業化支援、実証事業などの実施
  2. 健康寿命延伸に寄与する健康・スポーツ医科学に関する共同研究や、研究成果の社会への発信
  3. その他本協定の目的に合致した連携

 関西地域は健康・医療分野における国家戦略特区に指定され、重層的なイノベーション創発への取り組みが期待されている。その中で、大阪大学では、再生医療や医療機器開発、スポーツサイエンスなどの分野で先進的な活動を行うと共に、国立大学附属病院で国内唯一の国家戦略特区内臨床研究中核病院としてイノベーションに向けた取り組みを強化している。

 こうした背景の下、同大学は、企業との連携強化による研究成果の事業化加速と社会活用の促進を図るため、産学連携・クロスイノベーションの推進組織を立ち上げた。電通は、同組織の立ち上げに伴い協定書を締結。学術研究の振興や研究成果の事業化支援、情報発信や、イノベーションに対する機運醸成などに取り組む。

【関連記事】
サイバーエージェント「AI Lab」、静岡大学と産学連携へ~広告予算配分・最適化配信技術を共同研究
ALBERT、人工知能関連事業強化を目的に 電気通信大学と共同研究を開始
KDL・京大・電通大等、駐車場の行動履歴を活用し最適な情報を配信するIoTシステムの取り組み開始
電通ベンチャーズ、家庭で分子レベルバイオデータの分析可能にする米キュー社に出資
DeNAと味の素、「未病」テーマにへルスケアの実証事業を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/13 10:30 https://markezine.jp/article/detail/24277

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング