SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「iCON CAST」、 コンペ形式でYouTuberの起用決定できるパッケージの提供開始

 YouTuberと企業のマッチングサービス「iCON CAST」を運営するTHECOOは、新たにコンペ形式パッケージとYouTuber検証パッケージの提供を開始した。両パッケージは「実際に制作される動画のクオリティを見て選びたい」「ユーザーの反応を見て、本起用するYouTuberや企画の方向性を決めたい」という広告主企業のニーズに応えたもの。

 コンペ形式パッケージでは、5人から10人程度のYouTuberが実際に動画を撮影しアップしたものに対し、任意のKPIを設定のもと、評価。成績優秀者に賞金と続編の実施権を付与し、継続契約の交渉も行うこともできる。

 一方、YouTuber 検証パッケージでは、YouTuber5名と企画を2パターンを用意し、計10本の動画をアップする。そしてアップした動画へのコメントや視聴維持率により広告主にあった企画とYouTuberを判断することが出来る。こちらも同様に継続での契約交渉が可能だ。

【関連記事】
YouTuberのマッチングサービス「iCON CAST」、海外企業と提携へ
企業とYouTuberのマッチング図る「EUREKA」、YouTuber同士で交流できる機能を追加
アライドアーキテクツ、YouTuberを活用したSNS動画広告サービスを提供開始
Bizcast、ナムコと共同でYouTuber起用したO2O施策を実施~動画活用で店舗集客を狙う
マインドパレット、アジアの人気YouTuberを起用した動画制作行う「A-MOVEMENT」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/15 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24293

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング