SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

みずほ銀行・インテージら4社、ビッグデータ利活用の実証実験開始

 みずほ銀行、インテージ、NHNテコラス、データセクションの4社は、4月より企業や組織を越えたデータ交換を実現するため、必要な知見の共有やガイドライン作りなどを行うデータエクスチェンジコンソーシアム(以下、「DXC」)での活動を発展させた取り組みとして、ビッグデータ利活用による顧客向けの新しい情報・サービスの提供方法について、協働で実証実験を開始する。

 2014年4月に発足したDXCでは、オープンデータおよび企業間のデータ共有を整備し、シェアードデータ推進による社会の健全な発展に貢献する啓発活動が行われている。また、2015年度におけるDXCの活動では、官民連携での研究が進められてきた。

 今回開始する実証実験では、リサーチノウハウやデータ解析力を有するインテージ、位置情報広告の自動運用プラットフォームおよび適切な情報配信についてノウハウを有するNHNテコラス、ソーシャルメディアデータを中心としたデータ分析技術を持つデータセクション、金融サービスに関するノウハウを有するみずほ銀行の4社が、2015年度にDXCで協働して行った活動を発展させた形で取り組む。

 今後4社はまず、ソーシャルメディア等から得られるビッグデータを利活用し、みずほ銀行の金融サービスを利用する顧客に最適なタイミングで的確な情報を提供する方法について、検証を行う。

【関連記事】
Quark tokyo、最適なターゲットを選定し、動画コンテンツの制作・配信するサービス提供開始
イオン、新「WAON POINT」サービスを開始~各社の会員組織を統合、ビッグデータ基盤も構築へ
ALBERT、アクセンチュアとの協業発表~人工知能・ディープラーニング活用したソリューション開発
TISと日本テラデータ、ビッグデータ分析のコンサルティング・サービスで協業を開始
「Adobe Audience Manager」、「Yahoo! DMP」と連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/20 09:00 https://markezine.jp/article/detail/24322

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング