MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Twitterが「140文字の数え方」を変更、添付ツイートなどで入力可能な文字数が増加

2016/05/25 08:00

 Twitterは、これから数か月の間に、返信ツイートの@ユーザー名や、写真などの添付物を140文字に含まないようにするなど、4つの変更を行うことを発表した。

発表された140文字ルール3つの変更
発表された140文字ルール3つの変更

返信ツイートの文字数、「@ユーザー名」分増える

 ツイートへ返信する際、冒頭に表示されていた「@ユーザー名」が文字数としてカウントされなくなる。なお、返信ツイート内の@ユーザー名は見えなくなる、ツイートの表示方法はこれまでどおりとのこと。基本的には元のツイートの送信者と返信者、および双方をフォローしている人のタイムラインへ返信ツイートは表示される。また、検索した時にも検索結果に表示される。

添付ツイートの文字数、24文字分増える

 現在、写真/GIF画像/動画/投票/引用ツイートをした場合、24文字分がカウントされている。今後、このような場合は140文字に含まれなくなる。

自分のツイートにもRTボタン

 自分のツイートを簡単にリツイートしたり、引用したりできるよう、自分のツイートにもリツイートボタンが表示されるようになる。なお、この場合も添付同様、引用部分は文字数にカウントされない。

「.@ユーザー名」不要でツイートの共有可能に

 誰かへのツイートを他の人にも見て欲しい時、これまでは、@ユーザー名の前に「.」を入れる必要があったが、今後は@ユーザー名で始まるツイートも普通のツイートと同じように自分のフォロワーに表示されるようになる。

【関連記事】
Twitter、オーディエンスプラットフォームを活用してパフォーマンスキャンペーンのリーチ拡大
学生の連絡手段は「LINE」、世の中の動きは「テレビ」「Twitter」で確認【東京工科大学調査】
Twitter、1日1社限定の動画広告枠「ファーストビュー」をリリース
Twitter、広告主向けに学習プログラム「Twitter Flight School」を提供開始
Twitter、新広告フォーマット「カンバセーショナルカード」を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5