SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Viibarとシナジーマーケティング、価値観モデルに基づいたデータドリブンな動画制作の研究開発を開始

 動画マーケティング支援のViibarは、シナジーマーケティングと協業し、シナジーマーケティングの提供する価値観モデル「Societas(ソシエタス)」のデータを、顧客のインサイトとして動画の企画・制作に生かす研究開発を開始する。

 「Societas」は、ビッグデータを統計的に分析することで日本人の価値観を構成する約100の因子を特定。その組み合わせから日本人を12種類に分類した独自の顧客セグメンテーション手法。

 今回の取り組みは、この「Societas」と、動画クリエイターネットワークにより、動画制作を行うViibarの仕組みを活用し、動画クリエイティブの内容を最適化することで、より顧客に響く動画の企画・制作を実現できる、という仮説を検証するもの。

 具体的には、クライアントとViibarが動画制作・動画マーケティングのターゲットを決定。その情報を元に「Societas」で分析し、クリエイターにそのインサイトを伝えて動画制作を行い、完成した動画がどの程度効果を発揮したか検証する。研究開発の後には、商品化も予定している。

【関連記事】
DI.「男女脳プロジェクト」を開始~男女別のCM視聴結果をクリエイティブに反映
Viibar、Yahoo! JAPANのデータもとに動画広告の制作サービスをリリース
消費者に好かれる動画広告の要点解説~アンルーリー、『動画広告の将来に関するマニフェスト』
TBS-IP、クラウドソーシング事業のMUGENUPへ出資~VRや360度動画の共同研究も視野
360Channel、オリジナルの360度動画を配信するサービス「360Channel」を提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング