SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通アイソバー、LINE公式アカウント上でコミュニケーションを可能にするチャットサービス提供

 電通アイソバーのメッセージ配信プラットフォームサービス「TONARIWA(トナリワ)」とLive Personのウェブ接客サービス「Live Engage」が連携。企業と顧客のOne to OneコミュニケーションをLINE公式アカウント上でシームレスに実現するチャットコミュニケーション機能が開発された。

 「TONARIWA」は、LINEビジネスコネクトを利用してOne to Oneコミュニケーションマネージメントを可能にするサービス。セグメント配信やアナリティクスなどの機能を持つ。一方、「Live Engage」は様々なチャネルを通して、消費者とのインタラクションを行えるクラウド型プラットフォーム。

 両社のサービスが連携することで、顧客からの問い合わせをLINE上でも対応することができるようになるため、従来のウェブベースのチャットサービスと比べ、企業と顧客のコンタクトポイントがよりシームレスになり、顧客のニーズや特性に応じたカスタマーサービスを実現することが可能となる。

【関連記事】
トランスコスモス、顧客がFacebook Messenger経由で企業に問い合わせできるサービス提供
ユーザーローカル、数十億件のデータを機械学習させた「人工知能ボットAPI」を発表
DAC、Facebook Messenger上でのOne to Oneコミュニケーションを実現
LINE、APIオープン化に先駆け「BOT API Trial Account」の無償提供を開始
ガリバー、リアルの営業現場とデジタルを融合するオンライン接客サービス 『クルマコネクト』開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング