SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DACとGSI、商圏分析後に高精度な居住エリアターゲティングによるオンライン広告配信を実現

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)と、技研商事インターナショナル(以下、GSI)は、郵便番号レベルの居住エリアターゲティングを可能にするDACのDMP「AudienceOne」と、国内2,000社以上が採用するGSIの商圏分析ツール「MarketAnalyzer」を独占的に連携。商圏分析からオンライン広告配信までのワンストップサービスの提供を開始する。

 従来、オンライン広告でのエリアターゲティングの実施には、都道府県レベルの広域なユーザー居住地指定が主流であり、高度なエリアマーケティングには対応していなかった。一方で、若年層を中心にした生活者をリアル店舗に誘導するためにオンライン広告を商圏単位で配信したいというニーズが高まっている。

 今回の連携はこのような問題を解決するためのもの。広告会社や広告主は、新聞折込広告や無宛名DMなどオフラインメディアで行っていたようなセグメンテーション手法をオンラインに活用することが可能になる。また媒体社は、自社webサイト閲覧者の居住エリアを統計的に把握することができるため、例えば不動産情報を提供するサイトの場合、販売物件ページ閲覧者の居住地を郵便番号レベルで把握することにより、新たなマーケティング活用が期待できる。

【関連記事】
DAC、郵便番号単位でのターゲティング技術開発~DSP「MarketOne」活用した広告商品リリース
マーべリック、エリアターゲティングシステムを開発~ヒートマップで折込広告を効率化
「Marketo」と 「どこどこJP」が連携 IPアドレスもとにBtoBコミュニケーションを最適化
良品計画がウイングアーク1st「MotionBoard Cloud」を導入、商圏分析に活用へ
オリコム、インモビ ジャパンと「居住者ジオターゲティング」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/06 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24744

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング