SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AdWordsの最強の使い手はどの大学? Googleがオンラインマーケティング・コンテストを開催

 世界規模で行われる「Google Online Marketing Challenge」は、教授と学生、そして地元企業のコラボレーションによって成立する。Googleはこのコンテストによって、企業は無料のオンラインマーケティングを、学生は基調なビジネス体験を得ることができるとしている。

 まず、教授が自分の学生をグループに分けてコンテストに登録すると、200ドル分のGoogle AdWords広告のチケットを与えられる。学生と教授は、従業員数100人以下で自社サイトを持ち、さらにAdWordsをまだ利用していない地元企業を探す。学生たちは、オンラインマーケティングの戦略を練ってその企業にプレゼンし、キャンペーンを実際に展開し、その結果をレポートとして提出する。期間は2月10日から5月24日までの3週間で、学生たちはレポートをキャンペーンの前と後の2回提出しなければならない。現在、すでに米国から724のチームが登録しているが、日本からエントリーした大学は現時点ではまだないようだ。登録締切は2月1日までなので、我こそはと思われる大学関係者はぜひとも挑戦してほしい。

コンテストのページには世界各国の参加大学の場所にマークがついている。

 審査は、審査員として選ばれた教授たちがキャンペーンの成功とレポートの仕上がりを評価し、7月に結果が発表される。賞金はないが、コンテストの勝者となったチームは、Google本社のあるカリフォルニア州マウンテンビューに招待され、サンフランシスコの5つ星のホテルに1週間滞在することになるという。

【関連リンク】
GoogleのAdWordsは市場の96%が利用―検索エンジンマーケティング市場調査
Google Analytics新機能『サイト検索』4つの活用術
第4回 Google Adwordsも分析できるGoogle Analytics
Google Android、iPhone、モバイルSNS…キーマン投票で未来予測!1年後のモバイル業界
サーチ・マーケティング大学

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/04 17:14 https://markezine.jp/article/detail/2502

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング