SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

人工知能が利き酒師のように日本酒を提案!カラフル・ボード、食の人工知能「AI利き酒師」を開始

 カラフル・ボードと三越伊勢丹ホールディングスは、8月24日より伊勢丹新宿本店にて、パーソナル人工知能「SENSY」を活用して、人工知能が日本酒をレコメンドする「AI利き酒師」を開始する。

 「AI利き酒師」とは、来店者に3本の日本酒を試飲してもらい、それぞれの日本酒に対して、どう感じたかをアプリケーションにインプットすることで、人工知能が作成され、事前に用意された30本の日本酒の中から、一人ひとりの味覚に合わせた最適な1本をセレクトするもの。

 これは、人工知能「SENSY」のパーソナルな感性を抽出する技術(パーソナル感性分析)を核として、自然言語処理、画像解析技術を組み合せることで、科学的なアプローチが困難な味覚の分析に応用。ユーザーレビュー(飲食後の感想)から一人ひとり異なる味覚をデジタル化して捉える技術により、個々人がまだ食したことのない食品であっても、味覚を予測して提案することを可能にしている。

 なお、同取り組みはカラフル・ボードと三菱食品が展開する「食の人工知能」プロジェクトの一環。

【関連記事】
食の人工知能プロジェクト開始!カラフル・ボードと三菱食品が提携へ
人工知能がファッションアイテムを提案!スマホアプリ「SENSY×ISETAN MEN’S」リリース
人工知能とのチャットを通して、多くの種類から嗜好にあった商品を注文できる「O:der Cognis」
ファッションアプリiQON、機械学習を用いて好みに応じたアイテム提案する「for You」リリース
サイジニア、紙媒体のレコメンド効果を計測する特許を取得

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/19 09:30 https://markezine.jp/article/detail/25026

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング