SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCI、xAdと優先パートナーシップ契約~日本国内のロケーションベースマーケティングを開始

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)と、xAdは優先パートナーシップ契約を締結し、日本国内におけるロケーションベースマーケティングを推進していく。広告主は、xAdの位置情報分析テクノロジーを使用し、地図上の平面図から立体的にポリゴン化された建物内に顕在化した、見込みユーザーへピンポイントターゲティングが可能となる。

xAdのテクノロジー概要
xAdのテクノロジー概要

 また、オフライン行動履歴をセグメント化することで、潜在的なユーザーに対しても効果的なマーケティングを行うことも可能。加えて、自社店舗や競合店舗の実際の訪問データをベースとした商圏の見極めや、商品・サービスの見直し、改善などを行うこともできる。

 媒体社およびアプリ事業者は、ロケーションマーケットプレイスを活用することで、モバイルアプリのさらなる収益向上が期待できる。また、xAdのSDKを使用し、オフラインデータをベースにしたリアルなユーザー属性の分析などもできる。

【関連記事】
Adobe Media Managerに新機能 動画広告やロケーションベース広告に対応
ロケーションベースマーケティングのxAd、日本法人の本格展開を開始
マイクロアドプラスとAdNear、位置情報を使ったロケーションベース・オーディエンス広告を開始
パナソニック、高精度屋内外位置情報ソリューションを今秋から提供へ
凸版「Shufoo!」、店舗周辺にいる潜在顧客に情報をタイムリーに配信できる「ココチラ」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/07 09:30 https://markezine.jp/article/detail/25154

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング