SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェントの研究開発組織「秋葉原ラボ」、「AbemaTV」に検索機能を実装

 サイバーエージェントが提供するサービスのデータ解析やデータマイニングを行う研究開発組織である「秋葉原ラボ」は、独自に開発を行った標準化検索基盤を9月5日より、インターネットテレビ局「AbemaTV」の新機能「検索機能」として実装した。

 秋葉原ラボは、大規模なデータ解析やデータマイニング、自然言語処理、機械学習などを専門とする研究開発エンジニア、そして分散システムや検索などに携わるエンジニアが在籍する研究開発組織。同組織では、大規模データ基盤を構築・開発し、検索・機械学習・データマイニングの技術を活用することで、サイバーエージェントが提供するサービスの利便性向上、サービスの健全化、サービスの改善を図っている。

 今回「AbemaTV」に実装される検索機能は、秋葉原ラボがこれまで「Ameba」のブログサービス「アメブロ」などで開発を行ってきた検索機能に採用されている技術を活用した。

 これにより、「AbemaTV」アプリ内の検索ボックスに番組タイトル、もしくは出演者名を入力することで、過去放送されたものから今後放送されるものまで、約30チャンネルで24時間編成される全ての番組の中から、目的の番組を検索することができるようになる。

【関連記事】
NHNテコラス、「ADmatic DIGITAL」にてデータフィードマネジメントサービスを新たに提供
朝日広告社、テレビメタデータと人工知能を活用したプロジェクトを実施
フィードフォース、11社とパートナーシップ制度「Beyond」を開始〜データフィード連携容易に
NTTデータ、東北楽天ゴールデンイーグルス監修のVRトレーニングシステム提供へ
「LINEモバイル」開始~主要SNSの通信量をカウントしない「コミュニケーションフリー」を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/09 15:30 https://markezine.jp/article/detail/25173

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング