MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ネクスト、Web広告運用をインハウス化~Yahoo!プロモーション広告のAPI利用し、運用を刷新

2016/09/15 15:00

 不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営するネクストは、ヤフーからYahoo!プロモーション広告のAPI提供を受け、10月よりWeb広告運用を開始する。同時に、ROI向上を実現する独自システムの開発を進め、Web広告運用のインハウス化を進める。

 今回、ヤフーより提供を受けるAPIは、Yahoo!プロモーション広告を出稿する企業が、広告運用の自動化、効率化を実現するためのもの。これまで、主に広告代理店に対して提供されてきたが、ネクストは広告を出稿する事業運営会社として、同APIを利用したWeb広告運用を開始する。

 同社では、すでに一部のWeb媒体からAPIの提供を受けて、Web広告運用を自動化する独自のシステム(コードネーム:Charlie)を開発してきた。今回、さらなる効率化と最適なコミュニケーションの実現を目指して、Yahoo!プロモーション広告のAPIの提供を受けるに至った。今後は、Yahoo!プロモーション広告の広告出稿に関わる一連の業務もCharlieに実装し、Web広告運用のインハウス化を進める。

 なお同社は、インハウス化により次のメリットを見込んでいる。

  1. Web広告運用のROI向上:CharlieによるWeb広告運用の完全なインハウス化を実現した場合、関連業務の工数削減や、運用改善スピードの向上などにより、Web広告運用業務全体で10%程度のROI向上を見込んでいる
  2. ノウハウの社内蓄積とマーケターのクリエイティビティ向上:広告代理店に委託していた一部業務をCharlieに組み込むことで、Web広告運用のリアルな知見を自社内に蓄積。ノウハウを活用して改善サイクルを高速でまわす過程で、自動化可能なタスクを見つけ、マーケターがより高度なクリエイティブワークに集中できるようにすることで、クリエイティビティの向上を図る
  3. 1to1コミュニケーションの実現:CharlieとCRMを自社内で直接連携することで、ユーザー一人ひとりのニーズに添った広告メッセージを出しわけることが可能となる

【関連記事】
ガリバー、インハウスのデジタルマーケティング子会社設立~ヤフー子会社のQubitalも協力
マーケターが直接運用する広告費は11%に、インハウスでプログラマティックに取り組む企業が増加
Kaizen PlatformとHOME'S運営のネクスト、反響数アップ支援新サービスを開始
利用者の好みを学習し、どんどん賢くなるお部屋探しアプリ「HOME’Sヘヤサク!」公開
ネクスト、不動産参考価格がひと目でわかるサイト「HOME'Sプライスマップ」公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5