SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

高校生のスマホ所有率は9割超/ファースト画面に設置しているSNSアプリ、Twitterが1位に

 MMD研究所はインテル セキュリティと共同で、高校生921人を対象に「高校生のスマートフォン利用実態調査」を実施した。また同時に、高校生の所有するスマートフォンの実態を明らかにする目的で、102人の高校生にスマートフォンのホーム画面のキャプチャを送ってもらう「高校生のスマートフォンホーム画面分析調査」も実施した。

高校生のスマートフォン所有率は9割超

 高校1~3年生(n=921)を対象に所有している携帯電話端末について聞いたところ、携帯電話端末の所有率は96.8%で、うちスマートフォンの所有率は93.0%に。2014年の同様の調査と比較すると13.5ポイント増えていることがわかった。

 続いて、スマートフォン所有者(n=857)の内訳をみると、docomo、au、SoftBank、Y!mobileで契約しているiPhoneが73.3%と最も多く、次いでdocomo、au、SoftBank、Y!mobileで契約しているAndroidが18.2%に。格安スマホを利用している高校生は7.3%となった。

スマートフォンで普段していること

 スマートフォンを所有している高校生(n=857)を対象に、スマートフォンで普段していることを聞いたところ、「LINE」が92.1%と最も多く、次いで「インターネット検索」が88.8%、「音楽を聴く」が77.7%となった。また、普段勉強に使用していると答えた人が38.5%と、高校生ならではの回答に。

 続いて、スマートフォンを所有している高校生(n=857)を対象に、スマートフォンを勉強に使用したことがあるかを聞いたところ、90.0%の高校生がスマートフォンを勉強に使用したことがあるという。そのうち85.6%の高校生が「勉強でわからないことをインターネットで調べる」と回答した。その他の回答では「わからないところを友達や知人にLINEで聞く」「アプリを使う」などがあった。

高校生が実際に経験したSNSや金銭に関するトラブル

 スマートフォンを所有する高校生(n=857)を対象に、スマートフォンを使用していて起こったことがあることを聞いたところ、「迷惑メールが送られてきた」が59.5%と最も多く、次いで「サイトやアプリにわいせつなバナー広告などがでてきた」が53.3%、「SNSやLINE上で知らない人から友達申請があった」が30.8%となった。

 ちなみにお金に関わる項目では「ワンクリック詐欺画面の出現」が13.4%、「課金や有料アプリの購入など親に許可を得ずにした」が10.5%、「有料サイトに勝手に登録され、請求された」が5.5%となり、お金を請求されたと回答した人(n=169)の請求された金額の平均額は「15万3千975円」だった(※169人中回答者は93人)。

 SNS関連のトラブルでは「ネット上にアップしてほしくない写真や個人情報をあげられた」が11.1%、「ネット上に嫌な事を書かれたり、嘘の噂を立てられたりした」が9.6%、「ネットで知り合った人と実際に会った」が8.5%、「自分の写真・個人情報を送るように強制された」が5.1%となった。

高校生のスマートフォンホーム画面で最も多かったアプリジャンル

 スマートフォンホーム画面のキャプチャ送付に協力してくれた高校生(n=102)の中で一番多かったアプリジャンルはカメラ撮影やカメラ加工を含む「カメラ系アプリ(n=81)」、「LINE(n=72)」、音楽再生アプリ、ストリーミングアプリ、無料音楽アプリなどを含む「音楽系アプリ(n=67)」の順であった。ちなみに、上位3つのアプリのドック内(スマートフォンの最下部固定部分)の数を確認したと、「LINE(n=40)」が最も多く、次いで「カメラ(n=31)」「音楽(n=22)」となった。

ファースト画面に設置しているSNSアプリ、Twitterが1位に

 TwitterやInstagramなどのSNSをホーム画面に設置している高校生51人の中で最も多く設置されていたSNSアプリは「Twitter(n=47)」次いで「Instagram(n=12)」「Facebook(n=9)」となった。

 また、スマートフォンホーム画面のキャプチャ送付に協力してくれた高校生(n=102)の中で、ホーム画面に通話ボタンがあったのは79人。そのうち8人はフォルダ内に通話ボタンが収納されていた。23人はホーム画面に通話ボタンをおいていなかった。

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がある。

【調査概要】
「高校生のスマートフォン利用実態調査」
調査期間:2016年8月26~31日
有効回答:921人
調査方法:インターネット調査
調査対象:高校生
設問数:18問
「高校生のスマートフォンホーム画面分析調査」
調査期間:2016年8月26日~8月31日
有効回答:102人
調査方法:インターネット調査
調査対象:高校生
設問数:1問

【関連記事】
フリュー、女子高校生向けまとめサイト「ハルハル」オープン
高校生が最もよく使うサービスはLINE、中学生はYouTube【ソーシャルメディア利用実態調査】
朝日新聞社、スマホ等で大学受験勉強ができる学習支援サービス「アプケン」スタート
高校生がよく使う勉強系アプリ「Studyplus」、会員数50万人突破
高校生の67.2%がLINE、23.2%がTwitterを利用【Z会調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング