SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤマハ×横浜市交通局、バスのガイド音声を多言語に翻訳表示する実証実験を開始

 ヤマハと横浜市交通局は、2016年10月1日から2017年3月31日まで、ヤマハが開発した音響通信を使って多言語の文字情報をスマートフォンへ送信するシステム「おもてなしガイド」を活用した実証実験を行う。対応言語は日本語、英語、中国語韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語。今回の実験を通じて、 日本語が分からない訪日外国人や、音を聴き取りづらい乗客が安心して観光を楽しめる多言語案内の実現を目指す。

 同システムは、日本語のアナウンスを流すだけで、多言語化された音声や文字などの情報を、利用者のスマートフォンに提供することができるもの。これまでも実証実験においては同システムを搭載したアプリを使用し、ユーザーニーズの調査を続けてきた。

 今回の実証実験では、10月1日から運行を開始する観光路線の1つ「ぶらり三溪園BUS」にて、バスの利用者はスマートフォンを通じて、車内で流れる観光案内などの日本語アナウンスの内容を多言語の文字でほぼリアルタイムに確認することが可能となる。

【関連記事】
ヤマハとJAL、日本語をリアルタイムで翻訳するアプリ「おもてなしガイド」の実証実験スタート
JTBとパナソニック、ヤマトHD、3社共同で訪日外国人向けサービスの実証実験を実施
Shufoo!、台湾の旅行会社と送客提携~訪日検討層へ直接アプローチし、流通企業の集客を支援
GDO、インバウンド向け「日本でのゴルフの楽しみ方」動画をリリース
DAC、インバウンドビジネス向けマーケティングソリューション「いらっしゃいませJAPAN!」提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/26 08:30 https://markezine.jp/article/detail/25247

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング