SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オリコムやリコーなど6社、合弁会社を設立~街の魅力伝えるプラットフォーム構築へ、新購買メソッドも定義

 オリコムとリコー、豊田通商、トーメンエレクトロニクス、ニッポン放送、エムコミ・システムズの6社は、共同で合弁会社「株式会社スマートコムラボラトリーズ」を11月1日付で設立した。

 同社では、スマートフォンを核とした複合型ICT/IoTプラットフォーム「スマートコムシティ(R)」の企画から調査、構築、運営およびメディア販売、販売促進までを行っていく。

 「スマートコムシティ(R)」は、来街者向けのオンリーワン機能が搭載されたスマートフォンアプリとデジタルサイネージ、位置情報を的確に把握するセンシング技術によるジオフェンシング、街ならではの限定特典などの「タウンファンディング」の仕組みを連携。行動履歴や嗜好から分析を行い、パーソナライズした情報を配信する。

 また、今回設立された合弁会社では新購買メソッド「AINALS(アイナルズ)モデル」を定義。同メソッドは「Attention(注目) ― Interest(興味)― Navigation(誘導) ― Action(購買) ― Loyalty(愛着共感)― Share(共有)」のプロセスの頭文字を取っている。

 同メソッドをもとに「スマートコムシティ(R)」を構築することで、来街者の潜在欲求を刺激し、有意義な出会いや感動、時にはセレンディピティといった価値を提供。街のロケーションオーナーには、集客促進をはじめとしたマーケット最大化に貢献していく。

【関連記事】
LINE、「出前館」運営の夢の街創造委員会の株式を取得~O2O領域・デリバリー領域へ本格参入
パナソニック、高精度屋内外位置情報ソリューションを今秋から提供へ
バンダイ、大人の女性向けサイト「オトナ女子美日和」のリアル店舗をオープン
東京・本郷の商店街振興イベント「本郷百貨店」スタート
神戸新聞社、AR活用し「街が体験した震災の記憶」を表示するコンテンツ公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/11/01 09:30 https://markezine.jp/article/detail/25515

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング