SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、VR領域媒体社向けソリューション「VR Factory for Media」開始

 博報堂DYメディアパートナーズは、VR(Virtual Reality:仮想現実)領域の視聴環境・流通プラットフォームとコンテンツ制作をワンストップで媒体社に提供するソリューション「VR Factory for Media」のサービスを開始した。

「VR Factory for Media」概要図
「VR Factory for Media」概要図

 現在、VRへの投資やサービス開発が活発に行われている。「VR Factory for Media」では、コンテンツ制作、VRを視聴するための簡易ゴーグル、VRをスマートフォンで視聴するためのアプリケーション、VRコンテンツを販売する課金決済機能・販売ネットワークをワンストップで提供。VR視聴環境の浸透に伴い、提供プラットフォームにおける広告配信等も視野に入れて展開していく。

 なお、既に文化放送のインターネットラジオ「超!A&G+」の番組「徳井青空のまぁるくなぁれ!」「三澤紗千香のラジオを聴くじゃんね!」「西山宏太郎のたろゆめ!」で採用され、視聴者がコンテンツを体験するために必要なVRゴーグル等のセットもセブンネットショッピングで先行予約販売を開始している。

【関連記事】
電通、VR領域をビジネス化するグループ横断組織「Dentsu VR Plus」を設置
博報堂と博報堂プロダクツ、VR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」設立
フジテレビ制作のオリジナルVR作品を視聴できるアプリ「FOD VR」登場
VR・360°コンテンツ活用したプロモーションを実現する「Milbox VRマーケティング」提供開始
ユナイテッドアローズ、360度パノラマVRアプリを配信開始〜制作はトランスコスモス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング