SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYメディアパートナーズが「スマートメディアラボ」を設置

 日本国内でもIoTビジネスが本格的に始動し、ネットに接続されたモノ(スマートデバイス)上で、様々なサービスが展開され始めている。博報堂DYメディアパートナーズは、これからの本格的なIoTビジネス時代を見据え、IoTビジネスの中でもスマートメディアデバイス上で展開可能な次世代メディアビジネスに特化し、事業開発を推進していく「スマートメディアラボ」を設置した。

IoT によるメディアビジネス開発
IoT によるメディアビジネス開発

 「スマートメディアラボ」設置当初は、メディアビジネス開発センターが中心となって、大学の研究機関も含めた社内外の最先端テクノロジー関連セクション・企業と連携し、次世代メディアビジネスを創造するためのソリューション開発を行う。その上で博報堂DYグループが保有または利活用可能な様々なデータとソリューションを掛け合わせることで、次世代メディアビジネスの開発を行う予定。

ソリューションおよびメディアサービス開発(イメージ)
ソリューションおよびメディアサービス開発(イメージ)

【関連記事】
「さくらのIoT Platform」、グローバル展開へ~香港に子会社設立
DAC、センサーやウェアラブルデバイスからのデータを活用した新たな商品を開発へ
KDDI×よみうりランド、 IoTシューズを活用した体験型迷路アトラクションを開始
CTC、トイレの空き状況を確認できる「IoTトイレ」を開発
さくらインターネットとABEJA、「さくらのIoT Platform」での連携を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/01/11 08:00 https://markezine.jp/article/detail/25875

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング