SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KDDI×トヨタ、「auでんきアプリ」にて新型プリウスPHVの走行距離など確認可能に

 KDDIは、au IDと、トヨタ自動車(以下、トヨタ)が提供するテレマティクス※サービス「T-Connectナビ」契約者に付与されるIDを連携。新型プリウスPHVの利用者に対して、「auでんきアプリ」にて、自宅での充電料金やEV走行距離の見える化サービスを提供する。

 これにより、新型プリウスPHVの利用者は、auスマートフォンと「auでんき」を併用することで、自宅の電気料金・電気使用量の推移とあわせて、自動車の充電料金や走行距離も簡単に確認ができるようになる。

 DDIは、トヨタと共同で「つながるクルマ」に必要な車載通信機DCM(データ・コミュニケーション・モジュール)とクラウド間の通信において、高品質で安定した通信をグローバルに確保する「グローバル通信プラットフォーム」の構築を推進している。KDDIは今後、あらゆるシーンでクルマが通信でつながる世界において、顧客接点であるau IDと「つながるクルマ」を連携させたサービスの拡充を目指す。

※テレマティクス:自動車などと通信システムを組み合わせて、リアルタイムに情報サービスを提供すること。

【関連記事】
トヨタ・コメダ珈琲店・KDDI、地球約65周分の「ながらスマホ運転」防止を達成
KDDI×ナビタイム、VRで日本と世界をリアルタイムに繋ぐ遠隔旅行サービス「SYNC TRAVEL」
「歌うためのカラオケ」から「ライブに参加するためのカラオケ」へ、KDDIらVRの実証実験を開始
KDDI×よみうりランド、 IoTシューズを活用した体験型迷路アトラクションを開始
KDDI×キリン、次世代型おままごとキット「ままデジ」開発~音や匂いでままごとを料理体験へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング