SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEとワークスモバイル、ビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」提供

 LINEとワークスモバイルジャパン(以下、ワークスモバイル)は、2016年10月に締結した両社の事業提携契約に基づき、これまでワークスモバイルが提供してきたビジネスコミュニケーションツール「Works Mobile」を、最新版より「LINE WORKS」へとサービス名を変更し、「LINE」と「LINE WORKS」が相互接続できる機能を新たに提供する。

 コミュニケーションアプリ「LINE」は日本国内において月間6,600万人(2016年12月末時点)のユーザーが利用するサービスだ。個人間のコミュニケーションは電話/メールからLINEへと変化し、LINEは生活者のコミュニケーションインフラへと成長している。一方で、業務上のコミュニケーションは社内外問わず旧来のメールや電話、対面でのやり取りが中心のままだ。

 「LINE WORKS」と「LINE」がシームレスにつながることで、企業内および、企業担当者と顧客との間の円滑なコミュニケーションが可能となる。

 具体的には、「LINE WORKS」は「LINE」を踏襲したUIで、写真や位置情報などを簡単に共有でき、無料で音声・ビデオ通話も利用できる。組織やアドレス帳と連動するトークルームや、情報の伝達漏れを防ぐための既読メンバーの個別確認機能など、法人向け特有の機能が備えられている。

 また、「LINE WORKS」のトークから企業内だけでなく「LINE」アプリを利用している顧客や、「LINE WORKS」を利用している取引先にも、メッセージを送ることが可能だ。

【関連記事】
LINEが法人向けコミュニケーション市場に参入~ワークスモバイルと提携し2017年春に展開予定
LINE、ソーシャルプラグインを刷新~新たに2つのボタン追加
LINE、台湾ユーザーへの運用型広告のテスト配信を開始
LINE、法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」来春開始
調査事業者向けユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Research Platform」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/02/03 08:00 https://markezine.jp/article/detail/26010

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング