SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテージ、購買データ元に生活者の価値観・意識に合ったレコメンドや商品メッセージ作成を可能に

 インテージは、小売業向け次世代型レコメンドエンジン「Genometrics Connect(ゲノメトリクス コネクト)」正式版の提供を開始した。

 「Genometrics Connect」は、購買データから属性・価値観・意識を解析するソリューション「Genometrics」で得られるデータ(顧客のDNA)と、商品が生活者に提供するベネフィット情報(商品のDNA)をマッチングすることで、One to Oneマーケティングを実現するもの。

購買データを元に、生活者の価値観・意識に合った商品をピックアップ
購買データを元に、生活者の価値観・意識に合った商品をピックアップ

 2016年8月にベータ版を提供してきたが、開発・新機能搭載が完了したことにともない、正式に提供されることとなった。なお、新たに搭載される機能は、生活者ごとに“魅力的に感じる商品訴求ワード”を自動で抽出する「商品メッセージ作成サポート機能」。これにより、各商品が持つ多面的な価値を、生活者一人ひとりの嗜好に合わせたメッセージで伝えることが可能となる。

商品訴求ワードの使い分け

商品訴求ワードの使い分け

【関連記事】
インテージ、「お客様の価値観」と「商品の特徴」つなぐ新レコメンドエンジンのβ版を提供開始
ブレインパッド、「アイテム横断レコメンド機能」の提供を開始
米eBay、AI活用したチャットボットのベータ版公開~Facebookメッセンジャーで商品レコメンド
CA、「A.J.A. Recommend Network」にて動画コンテンツレコメンドの提供を開始
popIn、Baidu社のAI技術を活用した画像レコメンドエンジンを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング