SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

これは知らなかった、「豆乳」の意外な楽しみ方

 12,660名(男性5,824名、女性6,836名)を対象に行われた調査データによると、豆乳を「好き」と答えた人は15.5%、「どちらかというと好き」は32.4%で、合計47.9%の人が、豆乳が好きと回答。一方「どちらかというと嫌い」27.3%、「嫌い」は14.2%。「豆乳を飲んだことがない」という人も10.6%いた。

 豆乳が好きな理由としては、「健康によさそうだから」が84.4%で圧倒的。以下「おいしいから」「栄養価が高いから」「美容によさそうだから」が続く。豆乳がきらいな人・飲んだことがない人の理由を見ると、「おいしくないから」53.7%、「独特のにおいがあるから」41.7%、「飲んだ後の舌触りが好きではないから」がトップ3。「飲み物を飲んでる感じがしないから」という人も4.8%いた。

「飲み物を飲んでる感じがしない」という人も
このレシピならイケル?

 また、回答者に「直接飲む」以外の豆乳の摂取方法をたずねたところ、意外な楽しみ方をしている人が多いようだ。その一例を紹介しよう。

 「100%のオレンジジュースと混ぜる」(女性・17歳)
 「カスピ海ヨーグルトにする」(女性・50歳)
 「カレーの隠し味」(男性・19歳)
 「豆乳スパゲッティー」(男性・35歳)
 「プリンなどのデザートを作る。中華だしとごま油・ラー油で味付けしてとんこつスープ風にし、春雨と野菜でラーメンもどきを作る。最高です!!」(女性・39歳)
 「茶碗蒸しのだし汁がわり」(女性・48歳)

 健康飲料としてのイメージが強い豆乳だが、そのまま飲むだけでなく、料理の目先を変えたいときに使ってみるのも面白いかもしれない。

【関連リンク】
「好きな料理といえば日本料理」が8割超【好きな食のジャンル調査】
伝統の食材でネットショップのNo.1になるには?(前編)~老舗「ゆば甚」急成長のヒミツ~
ぐるなび、YouTubeで料理動画の配信サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/05 10:15 https://markezine.jp/article/detail/2611

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング