SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

法人契約でガンガン使える「日経電子版Pro」スタート、社内でのシェア機能も

 2010年3月創刊の「日本経済新聞 電子版(以下、日経電子版)は現在、有料会員数は50万人超、有料・無料登録を合わせて約330万人に成長している。今回発表された「日経電子版Pro」は、日経電子版の機能をすべて利用できるほか、日経グループの多様なビジネス情報を検索し、同僚と共有することができるデータサービスだ。

 その特徴は、個人契約の日経電子版ではカバーしていない機能とコンテンツ。2万社超の企業データベースから、取引先の情報を効率的に調べられるほか、製造業の動きを細かく報道する「日経産業新聞」、消費トレンドを追う「日経MJ」、投資家向け情報紙「日経ヴェリタス」の3紙に掲載された記事も検索対象となる。

 「Myニュース」機能でキーワードを登録しておくと、日経電子版とこの3紙の記事のうち、キーワードを含む記事が自動抽出されて手元に届く。また、「日経人事ウオッチ」も標準で利用可能となっており、取引先の人事異動の情報を確実に収集できる。

 また、会社内のグループでの利用を想定し、日経電子版の有料記事をプレゼントできる「ギフト機能」も。電子版会員でない同僚とも同じ記事を見られるため、日経の情報をもとにグループの知識量・企画力を高めることができる。

 「日経電子版Pro」の価格は1ライセンス月額6,000 円(税別)。2017年秋には、複数のID利用者で記事を共有し、コメントをつけられる機能を新設する予定だ。

【関連記事】
SNSで影響力のあるメディア、『日経新聞電子版』『モデルプレス』の2強に
DSP「MarketOne」、日経のオーディエンスデータ活用した広告配信可能に
Salesforce Marketing Cloud、日経IDと連携~広告配信に活用
クラウド名刺管理サービス「Sansan」が 日経会社プロフィル、日経WHO’S WHOと連携
データで革命を起こすのは専門家でなく、1人ひとり 「Domopalooza 2017」開催

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング