SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、岸勇希氏が代表取締役を務める刻キタルと提携

 電通は、"人の気持ちをデザイン"することで、社会やビジネスの課題を解決するといった、コミュニケーション・ビジネスの可能性を模索するため、刻キタルと資本業務提携することを発表した。

前列左から古川氏、岸氏、電通の代表取締役社長執行役員である山本氏
後列左から刻キタルの取締役である仁藤氏、飯島氏、間宮氏、岡部氏

 刻キタルは、2017年1月に設立されたスタートアップ企業でコミュニケーション・デザインや経営・事業開発コンサルティングなどの事業を行っている。さらに、コミュニケーション・デザイナーの岸勇希氏が4月1日付で同社の代表取締役に就任している。

 電通は岸氏の就任と刻キタルの本格的な活動開始を受け、今回の業務提携に至った。今後は刻キタルに出資するとともに、電通でECD(エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)を務める古川裕也氏を、現職のまま顧問として派遣する。

 そして両社は、それぞれが培ってきた豊富な先進事例の経験を生かし、顧客企業に対して、コミュニケーション・デザインを中心とした広告コミュニケーション、経営計画や事業開発に関するコンサルティング、新しいコンテンツを開発するサービスなどを提供していく。

【関連記事】
電通デジタル、ビービットと業務提携 UX重視した支援を協働チームで実施
リミア、ライスカレー製作所と協業し、SNS向け動画製作・配信サービスを提供
電通、テレビの実視聴ログデータとデジタル広告配信を連携するプラットフォーム提供へ
ネット広告、媒体費のみで初の1兆円超え/全体も5年連続で増加【電通、2016年日本の広告費】
電通テック、「LINE ビジネスコネクト」の販売代理店に 既存サービスとの連携も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/04/04 12:10 https://markezine.jp/article/detail/26308

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング