SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、米リープフロッグ社を買収 アメリカでのデジタルパフォーマンス領域を強化

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、アメリカのデジタルパフォーマンスマーケティング会社「Leapfrog Direct Response LLC」(以下、リープフロッグ社)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意した。

 1995年に設立されたリープフロッグ社は、顧客コンバージョンや顧客体験(UX)に関わるテクノロジーの開発に強みを持ち、米国の独立系では有力なパフォーマンスマーケティング会社の1つとなっている。

 同社提供のプラットフォーム「LFX Conversion Platform」は、コンバージョンの最適化を目的に、マルチチャネル上にあるデータや実店舗、ECサイト、ソーシャルメディアといったオンラインおよびオフライン上の様々なコンタクトポイントを連結。これにより、顧客とのブランド体験を高めて、より効率的なマーケットインテリジェンスを生み出す。

 現在リープフロッグ社の従業員数は150名で、そのうち約6割がソフトウェアエンジニアやデータサイエンティストなどの専門スタッフとなっている。

 株式取得後、電通イージス・ネットワークは、リープフロッグ社を同社グループのグローバルネットワーク・ブランドの1つでデジタル・パフォーマンス領域に強みを持つiProspect(アイプロスペクト)の米国拠点に組み込む。iProspectはリープフロッグ社を迎え入れることで、競争力の強化と顧客サービスの向上を図り、アメリカにおけるデジタルマーケティング市場での成長戦略を加速させていく。

【関連記事】
メルカリ、ブランド系フリマアプリ「スマオク」運営のザワットを買収
DMM、クラウドストレージアプリ「POOL」と音楽アプリ「nana」の運営元を買収
Repro、プッシュ通知のパフォーマンスを改善~1分間に最大100万通まで同時に配信可能に
「FIVE VIDEO NETWORK」とSupership「Ad Generation」が連携開始
Criteo、スマートフォン向けSSP『AdStir』と接続~アプリ内広告の配信を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/04/05 12:30 https://markezine.jp/article/detail/26327

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング