SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ロボット「Tapia」がヤフーのIoTプラットフォーム「myThings」と連携 買い物機能を提供へ

 MJIは自社開発したコミュニケーションロボット「Tapia(以下、タピア)」を、ヤフーのIoTプラットフォーム「myThings」と連携させることを発表した。

 MJIは、ヤフーが提供する「myThings Developers」を活用し、myThings内の「LOHACO」チャンネルと連携することで、ショッピング機能や天気や防災情報を伝える機能を、タピアに搭載していく予定。

タピアによるショッピングイメージ
タピアによるショッピングイメージ

 タピアは、カメラ・スピーカー・マイク・タッチパネルモニタを搭載し、バッテリーを内蔵した高さ約25cmの持ち運べる家庭用コミュニケーションロボット。音声認識、音声合成、顔認識機能を持ち、クラウド上の応答システムを活用することで人間と日常会話を交わすことができる。

 ヤフーが提供するmyThingsは、様々なウェブサービス・IoTプロダクトをつなげるサービスプラットフォームだ。myThings Developersは、独自のサービスを提供したい事業者や個人開発者がmyThingsプラットフォームを活用するためのツールとなっている。

【関連記事】
アスクル、LOHACO専門の物流センターを初めて開設 デジタル×リアルのマーケティング可能に
LOHACO、カスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」の試験運用へ
IoT製品やWebサービスをワンタップで操作、スマホアプリ「myThings」にボタン機能追加
TBWA HAKUHODO QUANTUMとグッドパッチ、 IoT 事業開発支援プログラムを開始
日本IBMがWatson IoT事業部を新設、三菱電機やソフトバンク等と協業へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/04/28 17:00 https://markezine.jp/article/detail/26430

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング