SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、ライブ動画マーケティングに特化した専門組織を新設

 サイバーエージェントは、同社が運営する映像配信プラットフォーム「FRESH!」をはじめとしたライブ動画の広告活用に特化した専門組織「FRESH! LIVE WORKS」を新設した。

 広告主企業による動画広告の活用ニーズが高まる昨今、通信インフラの整備にともない消費者のライブ動画配信サービスの利用は拡大し、さらにTwitterやFacebookといったSNSでもライブ動画配信ができるようになった。あわせて、新たなマーケティング手法としてライブ動画の広告活用への関心が高まっている。

 同社ではこれまで、映像配信プラットフォーム「FRESH!」を使った広告主企業によるオリジナルタイアップ番組の制作・配信を行ってきたが、ライブ動画を活用したマーケティングの強化を目的として、ライブ配信動画の広告活用に特化した専門組織「FRESH! LIVE WORKS」を設立した。

 同組織では、300本以上のタイアップ番組やライブ動画を手掛けた実績とノウハウを活かし、ライブ配信動画を起点とした企業のプロモーション設計から動画の制作・配信・効果検証までを一括して行う。

 また、「FRESH!」だけでなく他の動画プラットフォームとの連動企画や商品開発を強化することによって、ライブ動画を活用したマーケティングに関するナレッジの開発に努める。さらに、多岐に渡る用途展開が期待されるライブ配信広告の新しいノウハウの提供、ユーザー動向調査の実施など積極的な情報発信に取り組んでいく。

【関連記事】
「Ameba」にてライブ動画と360度動画の広告配信が可能に
Instagram、MAUが7億人を突破 Storiesやライブ動画などでユーザー活発に
LINE LIVE、Twitter IDによるログイン、ライブ動画配信も可能に 配信者の調査も実施
Twitter、「Periscope」で配信したライブ動画への広告配信可能に
インスタグラムの「消えるライブ動画」が日本でも利用可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/05/22 12:00 https://markezine.jp/article/detail/26531

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング