SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PR TIMES、インバウンド・海外向け情報を発信する「PR TIMES.COM」リリース

 プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営するPR TIMESは、「PR TIMES」に集まる企業情報の海外向け掲載を開始する。日系企業による訪日外国人などを対象としたグローバルな情報発信を支援する狙い。

 具体的には、PR TIMESが、訪日外国人旅行者向けの観光情報や、海外でも利用可能なサービス情報、そして外国人も注目しそうなコンテンツを選定。多言語でニュース記事調に編集し、コンテンツメディアである「PR TIMES.COM」に掲載していく。

 現時点では、中国語繁体字、中国語簡体字、英語の3言語で展開する。今後さらに対応言語を充実させていく。また、「Tokyo Weekender」、「non-no.hk」、「News Republic」といった既存の海外向けコンテンツメディアへの記事提供も行う。これによって、中国・台湾・香港・インド・マレーシア・シンガポール・オーストラリア他への情報発信が可能になる。 

【関連記事】
PR TIMES、旅行系キュレーションメディア2社にプレス向け素材を提供
ピクスタとPR TIMESが業務提携、プレスリリースへPIXTAの画像素材を利用可能に
PR TIMESが新会社設立へ〜自然言語処理で広報効果を調査
PR TIMES、インティメート・マージャーと提携 DMP活用したブランドリフト効果測定可能に
ビルコム、クラウド型 PR 効果測定ツール「PR Analyzer」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/06/05 11:45 https://markezine.jp/article/detail/26577

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング