SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、人工知能でアプリ売上を最大化する「ASAS」リリース 顧客単価の向上狙う

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、アプリに特化したDMP「RightSegment」において、「ASAS(App Sales Auto Scale)」の提供を開始した。

 同サービスは、顧客単価が向上する見込みの高いユーザーを人工知能(以下AI)で判別し、アプリ売上の最大化を実現する。たとえば、企業のECサイトを利用しているユーザーのうち、顧客単価が向上する見込みの高いユーザーに対して特典を通常よりも高価な特典にしてアプリダウンロードを促進。アプリのダウンロードプロモーションにおける予算比率の最適化を可能にする。

 実際、EC企業にて自社サイト内から自社ECアプリへの誘導を狙う広告配信の際に「ASAS」を適用したユーザー群と適用していない(無作為に抽出した)ユーザー群でA/Bテストを行った。

 すると、「ASAS」を適用していないユーザー群では購入単価の低いユーザーがいたため、アプリインストール後の顧客単価が平均して68%にとどまったのに対し、「ASAS」を適用したユーザー群ではアプリインストール後の顧客単価が平均して111%まで向上した。

 また、ユーザーがアプリをインストールする前の購入金額と比較し、「ASAS」を適用した自社広告配信によりアプリをインストールしたユーザーの顧客単価は163%まで向上。くわえて「ASAS」では、企業のサイト訪問者のアプリダウンロードを促すだけでなく、企業サイト外でもAIによる判別データをもとに広告配信を行うことが可能になっている。

【関連記事】
セールスフォース・ドットコム、チャネルセールス支援アプリ「Sales Cloud PRM」を提供へ
サイバーエージェントの「AIR TRACK」、アプリメディア向けに行動分析画面をリリース
アプリックス、「Alexa」を利用した家電向けトータルIoTソリューションの発売へ
人気スマホアプリへ動画コマースを配信! FIVE、分散型動画コマースプラットフォームをローンチ
IAS、The Trade Deskと技術統合を拡大 ブランドセーフティーの基準満たした在庫へ配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング